FC2ブログ

大阪のフェイシャルエステ専門サロン ピュアローズがキレイの素を日々実況!

美肌のススメ 綺麗のススメ

2008年09月 | ARCHIVE-SELECT | 2008年11月

≫ EDIT

ピュアローズを選んだ100の理由 Vol.16

purerose100.jpg

※初めてのご来店の際、多くのお客様がご不安を抱いてご来店いただきます。
一人でも多くのお客様のご不安を取り除ければと思い、
実際にピュアローズに通われているお客様にアンケートをお願いしました。
一人でも多くのお客様の笑顔に出会えますように…。



 
1.なぜ、ピュアローズを選んだのですか?

きっかけは年齢的にも、たるみ、シワを感じ、遅いかもしれないが

少しでも改善できれば嬉しいナァと思って選びました。



2.なぜ、ピュアローズに通ってくださっているのですか?

満足はとてもしております。

もっと若い時に肌のケアをしてたら良かったと思っています。

以前にくらべれば肌のハリが良くなった様に思えます。



自筆のアンケートを見る⇒


私たちを選んでくださって、

私たちを信じてくださってありがとうございました。 涙




ranking-b2.gif
↑「ポチッ」とクリック!いつも応援ありがとうございます♪



エンビロンの症例集もご覧くださいね!↓↓↓
ニキビ・しみ・毛穴など同じお悩みを乗り越えられた方の声が、あなたのお役に立ちますように…

banner.gif

スポンサーサイト



| PureRoseを選んだ100の理由 | 10:45 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

中村文昭先生のセミナーに行ってきました。\(^o^)/

吉野です。

先日、中村文昭先生のセミナーに行ってきました。\(^o^)/


「お金ではなく人のご縁ででっかく生きろ② 」の著者。


皆様はもうお読みになったでしょうか?

まだでしたら、ぜひぜひお読みになってくださいませ。(●^o^●)

感動して、感動して、生き方が変わるかもしれません。


まだの方・興味のある方はこちら↓




さて、中村先生のセミナーは本当に素敵でした。

お話の内容は、すべてにおいて引き込まれるような素敵なお話で感動の連続でした。

その中の1つ、大感動だったお話をぜひお伝えしたいと思ってブログを書いています。



中村先生は、絶対無理といわれた土地で、

無農薬の野菜をつくっているそうです。


引きこもりの人たちと一緒に・・・。


まわりから見れば、「なんのために、そんなことをするんだろう?」

と思うほど、大変な方法で取り組んでおられるのだそうです。

地元の人たちが絶対無理といわれる方法なのです。


無農薬で、みみずや微生物が土地を豊かにしてくれるように取り組み、

そんな豊かな土地で、美味しい野菜を育てたい。


日本の食料自給率は28%です。


自分たちの孫やその子供たちは間違いなく食べるものでこまってしまう。

こんな状況を変えたい。

自分たちの力で・・・。自分たちの手で・・・。


そんな想いで取り組んでおられるそうです。

それだけでも大変なことなのに・・・。


なぜ?


積極的に行動できないかもしれない、引きこもりの人たちと一緒になんでしょうか?

それには、こんな理由がありました。


引きこもりの人たちは、とても真面目で親孝行。

親の期待が大きかった子供たちが多い。

みんなが遊んでいる時に、「勉強しなさい」といわれて育った子が多いのです。

もちろん真面目で、やさしくて、すごく親孝行。

お母さんを喜ばせたい。お父さんを喜ばせたい。

友達と遊ぶ間もなく、一生懸命勉強します。

一番大切な幼少期に、人とのコミニュケーションが取れずに育つのです。

そして、親孝行したいがために、コミュニュケーション能力が育たなかったこの子たちに、

いやおうなく浴びせかけられる言葉。


「せめてコンビニの販売くらいできるでしょ?」


「せめて買い物ぐらいできるでしょう?」



あんなに親孝行で、お母さんを喜ばすために頑張ってきた子たちに・・・。

「あなたはこんなことすらできないの?」と。

(もちろん愛情を注ぐお気持ちからのはがゆさも痛いほどわかります。)



だけど、一番大好きな人に、認めてもらえない気持ちを考えると涙がとまりませんでした。



中村先生は、自分たちで人との接点を持つことができない子たちにできることはなにか?

を心底考えて、実行されておられます。



地球温暖化を救うための「MY箸運動。」



引きこもっていても箸入れはつくることはできる。

100枚作れた。1000枚作れた。それが自信につながったとき、

お給料を送金するそうです。



「自分たちと一緒に野菜をつくらないか?」という言葉をそえて・・・。



自信をつけた子どもたちは、

自分の働いたお金を使ってきっぷを買って、無農薬の野菜を育てに来る。

彼らは、真面目で素直、とても研究熱心なのですから、

何倍も何十倍もの努力をおしまず真面目に真面目に取り組むのだそうです。

彼らは、毎日野菜に向かって


「おはよう。」


「今日はいい天気だから一杯太陽から栄養をもらって元気にそだつんだぞ」


と大きな声で話しかけてやるんだそうです。


そんな愛情を受けて育った野菜は、

絶対に無理といわれた土地で、絶対に無理と言われた方法で育っています。



短所を伸ばせば、それは「人間味に変わる。」素晴らしい言葉でした。

人は、人を喜ばせることで、役割を与えられる。

「命の使い道」を知るそうです。



魂が震えるほどの喜びを。

そして、わくわくの人生を手に入れることができる。



ちゃんとお話を伝えることができたかはわかりませんが・・・。

感動を少しでもお伝えできればという想いをこめて・・・。




吉野でした。(●^o^●)





追伸
実は、この手紙をそえて、大好きなスタッフに「MY箸」をプレゼントしました。

myhashi.jpg


もちろんとっても喜んでくれましたよ。(^-^)




中村先生のブログから「MY箸」が買えますよ。

愛の地球温暖化防止しませんか?

中村先生のブログはこちらから⇒




あなたの心にも「MY箸」が幸せを運んでくれますように・・・。



ranking-b2.gif
↑「ポチッ」とクリック!いつも応援ありがとうございます♪



エンビロンの症例集もご覧くださいね!↓↓↓
ニキビ・しみ・毛穴など同じお悩みを乗り越えられた方の声が、あなたのお役に立ちますように…

banner.gif

| ピュアローズのこと | 00:27 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

2008年09月 | ARCHIVE-SELECT | 2008年11月