大阪のフェイシャルエステ専門サロン ピュアローズがキレイの素を日々実況!

美肌のススメ 綺麗のススメ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

「赤毛のアン」に学ぶ幸福になる方法

book26.gif

こんにちは。河野です(o^-^o)



本屋さんにふらりと立ち寄ったら

こんな本を見かけました。

20090305-6.jpg


「赤毛のアン」と「茂木健一郎さん」。

ちょっと異素材の組み合わせ。

表紙の赤いワンピースを着たアンのイラストに“キュン”っときて。

妙に心惹かれ…、さっそく購入して読んでみることに。




「赤毛のアン」を「運命の一冊」という茂木さん。

小学生の時に運命の出会いをし、

高校の時には原書で「赤毛のアン」シリーズを全部読破。

大学院時代には、プリンス・エドワード島にまで足を運んだそう。

最近まで、男性としてはちょっと恥ずかしくて

その事実を秘密にしていたそうですが。。。

そんな茂木さん、素敵だなと思いました。(*^^*)





そんな茂木さんが、まるで目をキラキラ輝かせた少年のように

愛情たっぷりに、「赤毛のアン」の魅力を語ってくれます。




自分に与えられた運命と、選びとった人生の道沿いには、

いつだって「静かな幸せの花が咲きみだれている」。

常に自分の中に美しい世界を持ち、

毎日の生活の中にたくさんの感動を見つけ出す。

そうして「ひたむき」に生きる中で、やってくる「運命」を受け入れる。

そんな、アンが教えてくれる「奇跡」に巡り合う方法。 





子どもの頃、「赤毛のアン」を読んだことがある人も、ない人も

「赤毛のアン」とセットで読まれると

大人になった今だからこそ、感じる事のできる

幸せの花を見つける事ができるのではないかなぁ~と思います。

是非、お手にとってみてくださいませ。





追伸
「赤毛のアン」は、色々な方によって翻訳されているそうで

それぞれの作品に、訳者の個性が表れているそうです。

どの訳者のものを読もうか迷ってしまいます。

いろいろな訳を読み比べてみるのも面白いかもしれませんね。



ranking-b2.gif
↑「ポチッ」とクリック!いつも応援ありがとうございます♪



エンビロンの症例集もご覧くださいね!↓↓↓
ニキビ・しみ・毛穴など同じお悩みを乗り越えられた方の声が、あなたのお役に立ちますように…

banner.gif


| 心が元気になる本 | 00:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://purerose100.blog39.fc2.com/tb.php/374-890731fc

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。