大阪のフェイシャルエステ専門サロン ピュアローズがキレイの素を日々実況!

美肌のススメ 綺麗のススメ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

魂で泣く実話 「チェンジリング」

こんにちは米倉環(よねくら たまき)です(>_<)

GWは皆様いかがお過ごしでしたでしょうか?

今日は最近の映画で、

心が「グッ」としめつけられた作品をご紹介させていただきます。



「チェンジリング」


 魂で泣く「実話」です。



ある日突然、消えた9歳の息子。

5ヶ月後帰ってきた息子は全くの別人だった。

「この子は、私の息子ではありません。」

そう答えるのがあたりまえではないでしょうか?

市、警察が腐敗している時代。



1928年、ロザンゼルス



「正しい事を正しいというだけで罪になる。」

「女性差別が色濃く残る、閉鎖的な時代を命をかけて生きた人。」

をえがいた映画です。




息子の生存を信じて、息子の帰りを待ち続け、

命をかけて生きる。



「息子は私の命なの。」「息子を返して。」



そこには、胸がしめつけられるような悲しみがえがかれていました。



ロザンゼルス市長、警察のトップと闘い、

その強い想いがロザンゼルス市民の心を動かし、勝利するんです。




この映画をみて、現代のアメリカンドリームからは

考えられない時代背景に胸打たれたと同時に、

今、現在の私達が笑顔で過ごせることがいかに幸せなのか

どれほどの悲しみの上に、この幸せがあるのか を考えさせられました。




「人生をかけて切り開いてくれた道。」




当たり前のことを、

当たり前にできなかった時代があったことを

心に刻まなければいけないと思った米倉でした。

ぜひ、みられて見て下さいね。<(_ _)>




下記で詳細をご覧いただけますよ~↓↓
チェンジリング - goo 映画
チェンジリング - goo 映画






ranking-b2.gif
↑「ポチッ」とクリック!いつも応援ありがとうございます♪



エンビロンの症例集もご覧くださいね!↓↓↓
ニキビ・しみ・毛穴など同じお悩みを乗り越えられた方の声が、あなたのお役に立ちますように…

banner.gif



| もっと楽しもう☆幸せ提案♪ | 00:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://purerose100.blog39.fc2.com/tb.php/391-179e5571

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT