大阪のフェイシャルエステ専門サロン ピュアローズがキレイの素を日々実況!

美肌のススメ 綺麗のススメ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ハッピーハロウィン☆

10月に入りました。ヽ(*^^*)ノ

街中がオレンジ色のカボチャでいっぱいですね。

最近ではハロウィンも定着しつつあり、

デパートなどでもハロウィングッズが多く見られるようになりました。



ハロウィンとは、子供たちがおもいおもいの仮装をして

「Trick or Treat?」 (お菓子をくれなきゃイタズラしちゃうぞ)

と言いながら家々をまわりお菓子をもらって歩くお祭りとしてよく知られています。



今回は、ハロウィンでよく見かける

「カボチャのおばけ」(Jack-O'-Lantern(ジャックオゥランタン))

を調べてみました。

あれにはちょっとしたお話があるそうなので簡単にご紹介しますね。


20091001-2.jpg

その昔、アイルランドにジャックという名のケチな鍛冶屋がいました。

ジャックはお酒好きで、いつも人をだましていました。

ある日、酔っ払ったジャックの前に悪魔が現れ魂をとろうとしました。

しかし、逆に悪魔をだまし魂をとらないように約束させてしまいました。

月日がたち、年をとって死んだジャックは天国へ行こうとしましたが、

生前の行いが悪く天国へは入れてもらえませんでした。

仕方なく地獄へ向かいましたが、そこにはあの時の悪魔が。

「絶対に魂をとらないと約束したから地獄へ入れることはできない」

ジャックはもと来た暗い道を戻るしかなくなりました。

悪魔はジャックに火のかたまりをくれました。

ジャックはその火を持っていたカブ(蕪)に入れて提灯にし

この世とあの世をさ迷い続けました。


20091001-2.jpg


今ではジャックの持つ提灯が、魂のカブが、カボチャに変わったのは

アイルランド人がアメリカに移住してからだと言われています。

今でもイギリスの一部ではカブで提灯を作っているようです。

ハロウィンの文化などを知るとますますハロウィンが楽しくなりますね。

みなさんも仮装してハロウィンパーティーを楽しんでみてはいかがですか。ヽ(*^^*)ノ

20091002-2.gif



ranking-b2.gif
↑「ポチッ」とクリック!いつも応援ありがとうございます♪



エンビロンの症例集もご覧くださいね!↓↓↓
ニキビ・しみ・毛穴など同じお悩みを乗り越えられた方の声が、あなたのお役に立ちますように…

banner.gif




| もっと楽しもう☆幸せ提案♪ | 00:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://purerose100.blog39.fc2.com/tb.php/424-fa2a8d39

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。